福岡でアイドルレベルの美女とイチャイチャできる中洲のソープランド

Soapland

ソープのマットプレイは意外に難しい

ソープランドの個室にはスケベ椅子、バスタブ、マット、ソファなどが設置されています。お客様はそれを使ってさまざまなプレイを楽しむことが出来ます。中には、スケベ椅子を使って体をきれいに洗ってもらう時点で、密着してくれたり恥部を触ってくれたりしたときにフィニッシュしてしまうお客様もいます。スケベ椅子のほかにもマットでは、椅子とは違い横になった状態で密着したプレイが楽しめます。
ソープランドの個室のマットはエアーマットです。その上にローションをお湯でといたトロトロの液体を流してあります。お客様がまずその上に寝転がり、その上からローションを塗った女性が体を密着させてくれます。ローションはヌルヌルとして快感を増幅させてくれるほかに、お互いの肌へのストレスを軽減してくれる効果があります。ローションが一般的になる以前は石鹸やボディソープを使っていたので、マットでのプレイを泡踊りと呼んだりすることもあります。
女性によっては、密着してきてはくれますが、あまり動かなかったり男性器には触れようとしなかったりすることがあります。この理由としては、恥ずかしがっている可能性もありますが、ヌルヌルしたマットではなかなか力が入りにくく姿勢も不安定になりやすいため、バランスを取りづらくうまく動けないという場合もあるようです。不満に思っても最初からいらつかず、優しく接するとより親密になれるかもしれません。